Event

登壇者
森 いづみ

森 いづみ

学生時代は教師を志すが、大学3年次に公共図書館でアルバイトをしたことがきっかけとなり、図書館員を目指す。1991年、東京大学附属図書館に入職。三重大学、国立情報学研究所、お茶の水女子大学を経て、2017年から信州大学附属図書館。ICTの発展・浸透に伴い「学び」のあり方が大きく変わる中、図書館における「情報リテラシー教育支援」や「学修支援」、新たな学びの空間である「ラーニング・コモンズ」、研究成果の「オープンアクセス」に関わってきた。

長野県内の文化施設(美術館・歴史館・図書館)と大学との協働による「信州 知の連携フォーラム」に携わったことがきっかけで、2020年4月から県立長野図書館長。平賀前館長の改革事業を引き継ぎ、「資料・情報」、「空間・場」、「人」の3つの観点から、全ての人に開かれた「知る・学ぶ」ための環境づくりに取り組んでいる。