Event

登壇者
テッド・ディンタースミス (Ted Dintersmith)

テッド・ディンタースミス (Ted Dintersmith)

Most Likely to Succeed エグゼクティブ・プロデューサー

テッドの使命は、子どもたちにイノベーションの時代を幸せに生きる機会を与えることです。 彼は、サンダンスで賞賛されたドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」の制作と資金提供を行い、世界中の1万人のコミュニティで上映されました。 彼のベストセラー『What School Could Be』は、米国50州すべての学校からの洞察とインスピレーションを共有しています。 2018年、テッドは名誉あるNEAの「教育の友」賞を受賞しました。 チャールズ・リバー・ベンチャーズの名誉パートナーであるテッドは、1995年から1999年までの数年間、ビジネス2.0で米国で最も業績の良いベンチャーキャピタリストとしてランク付けされました。 2012年には、オバマ大統領から国連総会の米国代表に任命され、若者の可能性とリーダーシップに焦点を当てています。テッドはスタンフォード大学で工学博士号を取得し、ウィリアム・アンド・メアリー大学では物理学と英語で優等生として学士号を取得しました。

ツイッター: @dintersmith

Ted’s mission is giving kids the opportunity to thrive in the innovation era. He produced and funded the Sundance-acclaimed documentary Most Likely to Succeed, screened by ten thousand communities around the globe. His top-selling book What School Could Be shares insights and inspiration from schools across all fifty U.S. states. In 2018, Ted received the prestigious NEA “Friend of Education” Award. Ted, a Partner Emeritus with Charles River Ventures, was ranked by Business 2.0 as the top-performing venture capitalist in the U.S. for the years 1995-1999. In 2012, he was appointed by President Obama to represent the U.S. at the United Nations General Assembly, focusing on youth potential and leadership. Ted earned a PhD in Engineering from Stanford University and his undergraduate degree from the College of William and Mary, receiving High Honors in Physics and English. You can follow Ted on Twitter @dintersmith.