Event

森のようちえんと魅力的な幼保小のつながり
2021.12.18 SAT 11:15-12:45

森のようちえんと魅力的な幼保小のつながり

昨年度のキックオフイベントに引き続き、このプログラムでは「森のようちえん」を取り上げます。今回は、「ルポ 森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル (集英社新書)」の著者、おおたとしまささんをお迎えし、乳幼児期から小学校入学時の時期に焦点を当て、ゲストの方々とともに話題を広げ深めていく90分になります。

また、今回のモデレーターは自然の中で生き抜く力を育む「信州やまほいく」普及事業でご活躍された竹内延彦さん(現池田町教育長)です。様々な現場を見てこられた竹内さんに、おおたさんやゲストのみなさま、視聴者のみなさまとを繋げていただきます。

この他にも現役の小学校の教員や保育士、卒園生などにも登園していただく予定となっています。長野県内外における「森のようちえん」「自然保育」の乳幼児期から小学校入学時のつながりに焦点化しているプログラムです。

乳幼児の保護者や保育関係者はもちろん、「人の成長」に関心のある方は必見のプログラムです。

<プログラムディレクター:清水 智

Nobuhiko Takeuchi

竹内 延彦

長野県北安曇郡池田町教育長 1967年長野県生まれ。臨床心理学を学ぶ学生時代に出会ったフリースクールを原点に、企業、NPO、行政と立場を変えつつ子ども若者支援に携わる。2011年から長野県庁で自然保育の普及推進にも携わる。2019年1月池田町の教育長に就任。学校教育の外側での30年間にわたる様々な経験を活かし「子どもがまんなか」の学校と地域づくりに挑戦中。

Toshimasa Ota

おおたとしまさ

育児・教育ジャーナリスト

「こどもが“パパ〜!”っていつでも抱きついてくれる期間なんてほんの数年。いま、こどもと一緒にいられなかったら一生後悔する」と株式会社リクルートを脱サラ。独立後、数々の育児・教育誌のデスクや監修を務め、現在は、中学受験をいい経験にする方法、学校・塾の役割、男性の育児、子育て夫婦のパートナーシップ、無駄に叱らないしつけ方、などについて、執筆・講演活動を行う。著書は50冊以上。 学校や塾の保護者、教員、子育て夫婦、中高生を対象に講演も実施。

趣味:妄想 特技:屁理屈 悩み:ママへの片想い、実父の介護
好きなもの:こども、生き物、自然、工作、運動、アウトドア、えいご、旅行
嫌いなもの:ルール、予定調和、協調圧力

中学・高校の英語の教員免許、小学校英語指導者資格(J-SHINE)をもつ。某有名私立小学校の英語の非常勤講師の経験もある(2007-2009年)。心理カウンセラーとしての活動経験もある。

Setsuko Tanaka

田中 節子

プロフィール準備中

Comming soon...

現在調整中

登壇者が決まり次第お知らせいたします。楽しみにお待ちください。

参加費用 : 無料(事前申込制)
開催場所 : オンライン配信(Zoom Webinarを使用予定 )

ご参加は、以下の「ATTEND」ボタンより、Peatixからお申し込みください。
※参加URLは開催前日にPeatixメッセージにて参加申込者にお知らせいたします。ご自身で必ずご確認ください。

ご参加はこちらから